新潟さんに、ごめんなさい~アルビレックス新潟戦の感想

サンフレッチェ広島 1-1 アルビレックス新潟

プレビューを書いた時に全く気づかなかったのですが、相手のことを全然書いていませんでした。

この試合の焦点は、サンフレッチェ広島の新戦力・初スタメン選手・ベテランの出来をチェックすると、それしか考えていませんでした。

私自身まるでトレーニングマッチのような感覚でこの試合を迎えていました。


新潟さん、ごめんなさい。


プレシーズンマッチの出来を見ればそこまで良くないことはわかっていたのですが、やはり開幕前の期待感から恣意的にサンフレッチェ広島楽勝、どう勝つか? どういうサッカーを見せるのか?ばかり考えて相手のことを見失っていました。。。


はい、言い訳です。。。


新潟は、徹底的に縦、タテ、たての攻撃で、広島のリトリート前にやりきるサッカーに終止しました。90分それをやりきれた。

この試合に入るにあたり、相手のフィジカル&メンタルコンディションが相当高かったということ。 

チームとして。 

相手FWのホニは結構やるんじゃないかと言う印象。これからマークがきつくなると思うので、そこで真価が問われそう。

途中から出てきたガジャルド?はヒョロヒョロで、迫力がなくミスも多く、あげくにスローインを相手に渡したりしていました。

サンフレッチェ広島、開幕戦にホームで先制するも追いつかれて引き分け。。。

こういう見出しが出るとネガティブな感じがするのですが、ホームで最低限の結果を出したと思うし、悪くはない結果。

シーズンは長い、これからこれから。 


試合以外に関しては、新ユニホームの黄色いソックスは、最初画像で見たときの違和感ハンパ無かったのですが、2度めにして早くも違和感なしな感じでした。

それと、DAZNは問題なく見れました。

他の試合では途切れたりとかあったようですが、ストレス無く見れました。

スタジアム音オンリーの仕様も加えてほしいです。