ウタカ&佐藤不在の影響?パスの出しどころが無い~清水エスパルス戦の感想

サンフレッチェ広島 0-1 清水エスパルス

両チームとも躍動感のない試合で、清水は4-4-2を上下左右にスライドして対応、そのシステムの内側で広島はパス繋いでっていう試合。

緊張感の有る駆け引きもあるハズもなく、広島は運動量もなくレベルの低いジリジリする試合で、さらに広島側としてはよくわからないPKを取られて、0-1の敗戦。お客さんはとしてはだいぶストレスの溜まった試合だったと思います。


「ウタカ&佐藤不在の影響?パスの出しどころが無い」
感じたのはボールを奪って速攻の時の切り替えの遅さ、というより、どこに出していいかわからないのかもしれない。

御存知の通り、サンフレッチェ広島のパスサッカーではなく、パス”しか選択しない”サッカーですので出しどころが無いと、相手を剥がす、あるいはパスコースを作るドリブル、フェイントが常に選択肢の中に入ってはいないです。
※もちろん両サイドは後はおまかせ突撃ドリブル&一辺倒のクロスもありますが。

ウタカがいたときは預け、佐藤がいたときは裏に出す、と言ったように考えるより前に半ばシステマチックにパスを出せていました。

今、ボールを受けた選手はその瞬間どこにパス出す??