清水戦で、広島の改善された所


終了間際に1点を取りに行く場面で2トップにしなかった。

これは改善されていた。

去年は、負けていると佐藤を出したり、はたまた皆川を出したりして2トップにしていた。
負けているチームが取る定石、前線にFWの選手を増やす⇒放り込む。
しかし、これはサンフレッチェ広島らしさではない。

ペトロビッチ監督時代から負けていようが最後まで繋いで崩そうとする。それが、去年は放り込み気味のサッカーになっていた。
私は、2トップになった瞬間、あぁ点取れないわって思っていました。
負けているときは、システムはそのままで選手を替え、意識は攻撃的に行くことを望んでいます。

・・・とはいえ、

パワープレイはしなかったけど地味に水本を上げてましたけど、そして、どうせあげるなら得点力のある塩谷だろ~なんて思っていましたが、後ろからのフィードという意味で塩谷を後ろに残したのかな。